×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リーンモンスターとは

リーンモンスターとは、アイルランド南西部にあるコーク州のリーン湖で目撃されるUMAの通称のことです。リーンモンスターは、ネッシーとよく似たタイプのUMAで、リーンモンスターの体長は6メートル〜10メートルと巨大である。リーン湖周辺の湖では、リーンモンスター以外にもゾウとアザラシを合わせたようなUMAや蛇のようなUMAが目撃されていて、UMAに興味のある人達にとっては、かなり興味深い地域です。ただ、コーク州のリーン湖周辺は人口が少ないため、大掛かりな湖の調査はほとんど行われていないので、未だにリーンモンスターやその他のUMAに関する情報が乏しい状態にあります。リーンモンスターが目撃されたリーン湖には、ロイ・マッカル博士という有名な人がリーン湖を訪れて、現地調査を行ったが、いい現地調査の結果は出ていないらしい。リーンモンスターの正体の仮説には、未知の哺乳類説、プレシオサウルスの生き残り説などといった様々な仮説が立てられています。

リーンモンスター以外のUMA@

リーンモンスター以外のUMAで世界で最も有名なのが、イギリスのネス湖で目撃されているネッシーです。ネッシーの体長は、6メートル〜20メートルとかなり大きいです。ネッシーの特徴としては、背中にコブがあることです。コブの数に関しては、2個の目撃談が一番多く、1個や3個の目撃談もある。数ある目撃談の中でも、特殊なケースがあり、コブが12個も目撃されたケースがある。次に有名なのが、アメリカのニューメキシコ州で撮影されたビデオをコマ送りしている時に初めて発見された謎の飛行生物のスカイフィッシュです。スカイフィッシュの名称には、この他にフライング・ロッド、RODS(ロッズ)などがあります。スカイフィッシュは、世界各地でかなりの数が撮影されています。スカイフィッシュの姿は、細長い棒の両側にヒレのようなものを付けた様なものです。体長は、数cm〜30mと様々です。飛行速度は時速80km〜300kmほどではないかと考えられています。

リーンモンスター以外のUMAA

リーンモンスター以外のUMAで有名なのが、チュパカブラです。チュパカブラの特徴は、大きな頭と真っ赤な目を持ち、頭部から背中にかけてトゲのようなものが生えています。口に上下の両方からは、牙が2本ずつ突き出ていたり、3本指で鋭い爪がついています。チュパカブラの正体の説には、遺伝子操作などで作られた生体兵器説やエイリアン・アニマル説、未知の生物説など様々な仮説があります。次に有名なUMAは、シーサーペントです。シーサーペントとは、蛇によく似た巨大な海棲怪獣のことです。体長は15m〜40mです。特徴としては、たてがみが生えていたりすることです。正体には、未知の海蛇説やリュウグウノツカイという深海魚説などがあります。

Copyright © 2008 リーンモンスターとその他のUMA